このエントリーをはてなブックマークに追加

加入して安心「海外旅行保険」

日本人の海外旅行保険の加入率は約30パーセントと言うデータがあります。
意外に加入率が低いと驚いてしまいますが、これは、クレジットカードに付帯されている保険を過信しているためではないかと推測されます。
クレジットカード付帯保険は「キャッシュレスでない」「補償額が十分でない」「旅行代金をクレジットカードで決済しないと補償されない」「疾病死亡補償が補償されない」など、思わぬ落とし穴がありますので、事前にどのような補償が受けられるのか確認して、不足部分については海外旅行保険に加入されることをお勧めします。
海外旅行保険のタイプには「セットプラン」と「バラ掛け」の2種類があります。
セットプランは基本補償と特約がセットになったもので、海外でのアクシデントの大部分をカバーするものです。
また、バラ掛けは、必要な補償のみを契約するもので、補償額を大きくしたり小さくもできますので、保険料も安くすることも可能です。
加入の方法は、旅行会社や損保会社に直接出向いて契約する場合やインターネットや携帯電話でも契約が可能です。
また、空港でも契約ができますが、この場合、自宅から空港までの間のアクシデントについては補償されないので注意が必要です。
もし、海外旅行中に、怪我や病気、事故や盗難などに遭った場合は、速やかに現地または日本の保険会社の24時間サービスセンターなどに連絡して、必要な書類を確認することが大切です。
警察への盗難届などは帰国してしまってからでは、提出の方法がありませんので、現地で届け出ることが必須です。
一般的に病気や怪我の場合は、「医師の診断書」「治療費の明細」「支払いの領収書」が必要です。
盗難や携行品の破損は「警察への盗難届出証明書」「第三者の事故証明書」などが必要です。
Copyright (C)2017海外旅行の話あれこれ〜出発前に知ると役立つ〜.All rights reserved.