このエントリーをはてなブックマークに追加

エネルギッシュな巨大都市「香港」

香港は、台湾の南端とほぼ同緯度に位置し、成田空港からは飛行機で約4時間の距離に位置します。
香港は、香港島やランタオ島、九龍半島など大小235の島々から成り、1997年7月にイギリスから中国に主権を移譲され、現在は中国の特別行政区となっています。
札幌市位の面積に人口約700万人が暮らし、ロンドンやニューヨークと並ぶ世界3大金融センターの一つとされ、また、ショッピングや食通の街として、年間約400万人の観光客が訪れる世界有数の観光地でもあります。
香港は、大まかに「香港島」「九龍」「新界大陸側」「新界離島側」の4つのエリアに大別されます。
香港島北側エリアと九龍エリアが香港の中心街で、高層ビルが林立している地域です。
香港島北側エリアは、ビクトリアハーバー沿いに、上環や中環、金鐘、湾仔、銅鑼湾、北角などの繁華街があり、ビクトリアピークから眺める夜景が「100万ドルの夜景」として有名です。
また、上環には骨董品で有名なキャットストリートや香港最古の道教寺院である文武廟もある他、中環には、お洒落な店があるソーホーやバーが並ぶ蘭桂坊などがあります。
九龍エリアは、半島の南端から尖沙咀や油麻地、旺角などの繁華街がネイザンロードに沿って続いていて、地下鉄や2階建てバスで容易に移動が可能です。
尖沙咀には、マカオへのフェリー乗り場が、旺角には旅ガイドなどで紹介されている「女人街」があります。
新界大陸側と離島側は、自然の豊かなエリアで大陸側はベッドタウンとなっています。
また、ランタオ島にはディズニーランドなどの人気観光スポットがあります。
香港は、非常にエネルギッシュでエキスをギュッと絞ったような巨大都市です。
海外旅行に出かけるなら香港は、はずせない都市の一つですね。

旅行・海外旅行の情報はこのWEBサイトがイチオシです

Copyright (C)2017海外旅行の話あれこれ〜出発前に知ると役立つ〜.All rights reserved.